ご利用者さんのなかには、上体を起こすことも難しい寝たきりの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、そんな方への口腔ケアの基本をご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「寝たきりの人の口腔ケアでは顔を横にして?」というテーマでお話します。

ご利用者さんのなかには、上体を起こすことも難しい寝たきりの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方への口腔ケアの基本を説明しましょう。

まずは顔を横にむいてもらい、ケア中に上を向いてしまわないよう、クッションや枕で頭の位置を安定させておきます。

寝たきりの人の場合、顔の向きが座って歯みがき介助を行うときとは違うので、介助する人がいつもの姿勢でいると、上手にみがくことができません。

歯ブラシの向きも全然違います。

そこで、寝たきりの人の介助みがきでは、介助する人も寝たきりの人と同じように顔を横にして行いましょう。こうすれば、ブラッシングの角度もぴったり合います。

目線も一緒になるので、ご利用者さんも安心してくださいますよ。

それではまた。