摂食嚥下障害というと、上手に嚥下できないケースを連想しがちですが、なかには咀嚼が苦手な人もいらっしゃいます。

そんな方には咀嚼訓練を行います。

方法はこちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「上手に噛めない人のための咀嚼訓練」というテーマでお話します。

摂食嚥下障害というと、上手に嚥下できないケースを連想しがちですが、なかには咀嚼が苦手な人もいらっしゃいます。

咀嚼が困難な人への口腔リハビリでは咀嚼訓練を行います。

粒状のガムとガーゼ、デンタルフロスを用意してください。

訓練の際に誤嚥してしまわないように、ガーゼで粒ガムを包み、デンタルフロスでしばりましょう。

このガムを咀嚼します。咀嚼筋が衰えている人は左右前後の歯でまんべんなく噛みましょう。

マヒなどで、片噛みになっている人は、苦手な側で噛めるように訓練します。

また、噛み合わせが悪い、入れ歯が合っていないために咀嚼が苦手になっていることもあります。気になるときは専門家に相談してくださいね。