ホワイトニングをしたわけでもないのに、歯の一部分に白い斑点のようなものができていることがあります。

この白い斑点をホワイトスポットといいます。

放っておくとよくないことが起こりますよ。

なぜなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「むし歯の注意信号?歯のホワイトスポットって?」というテーマでお話します。

ホワイトニングをしたわけでもないのに、歯の一部分に白い斑点のようなものができていることがあります。

この白い斑点をホワイトスポットといいます。言葉の響きだけだと、それほど悪いものではないようですが、放っておくとよくないことが起こりますよ。

ホワイトスポットは、歯の表面からミネラル分が溶け出すことでできます。この状態を脱灰といいます。

脱灰はむし歯の初期症状です。このまま放置しておくとむし歯が進行してしまいます。

しかし、しっかりと口腔ケアを行い、フッ素などの力も借りながら歯の再石灰化を促すことで、進行を抑えることができます。

ホワイトスポットらしきものを見つけたときは、専門家に相談し、毎日の口腔ケアを再点検してみてください。

それではまた。