口腔ケア介助を受けるご利用者さんの場合、歯ぐきの状態などの事情で、やわらかめの歯ブラシを使うことが多いと思います。

一方で、やわらかめの歯ブラシではしっかりと歯垢を取ることができないのでは?と心配している方もいらっしゃるかもしれません。

でも、心配無用です。なぜなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「できているようでできていない!? ブラッシングの基本中の基本」というテーマでお話します。

口腔ケア介助を受けるご利用者さんの場合、歯ぐきの状態などの事情で、やわらかめの歯ブラシを使うことが多いと思います。

一方で、やわらかめの歯ブラシではしっかりと歯垢を取ることができないのでは?と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、心配無用です。正しくブラッシングすれば、しっかりと歯垢を取りのぞけます。

このように、移動させながらブラッシングしてしまうと、やわらかい歯ブラシでは毛先が歯周ポケットにまで入っていけません。

でも、このように歯ブラシをしっかりと当てて、その場で小刻みに動かすと、やわらかい歯ブラシでも、しっかりと毛先が歯周ポケットにまで入っていって汚れを取りのぞいてくれます。

ブラッシングの基本中の基本ですが、ついついおろそかになってしまっていることも多いんですよね。改めて意識してみてください。