部分入れ歯の金具部分がないノンクラスプデンチャーは、さまざまなメリットがあります。

ノンクラスプデンチャーの一番の特徴は、入れ歯を固定するための金具がない点です。

ですから、お口の粘膜が弱い方や金属アレルギーの方に人気が高いようです。

留め金がなくても、しっかりと密着し、装着感もよいと評価されています。

ただし・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「ノンクラスプデンチャーを選択するポイント」というテーマでお話します。

部分入れ歯の金具部分がないノンクラスプデンチャーは、さまざまなメリットがありますが、どのような方が選択しているのでしょうか?

ノンクラスプデンチャーの一番の特徴は、入れ歯を固定するための金具がない点です。

ですから、お口の粘膜が弱い方や金属アレルギーの方に人気が高いようです。留め金がなくても、しっかりと密着し、装着感もよいと評価されています。

ただし、メリットばかりではなくデメリットもあります。

保険適用ではなく、自費診療になるために費用がかさむ点、素材によっては修理が難しいという点です。また、やわらかい素材のため、噛んだときに若干たわむこともあるようです。

メリットとデメリット、両面から考えて選択するとよいでしょう。くわしくは専門家に相談してみてくださいね。

それではまた。