総入れ歯の上顎に接する部分を床といいます。

この部分をプラスチックではなく金属にしたものを金属床の入れ歯といいます。

床を金属製にすることで、入れ歯はより丈夫になり、より快適に使えるようになるんです。

そして、この金属には・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「金属製の入れ歯?」というテーマでお話します。

総入れ歯のここの部分を床といいます。ちょうど上顎に接する部分ですね。

この部分をプラスチックではなく金属にしたものを金属床の入れ歯といいます。

床を金属製にすることで、入れ歯はより丈夫になり、より快適に使えるようになるんです。

金属床の入れ歯には主に、加工しやすく長持ちな金、軽くて丈夫なチタン、そして最も一般的なコバルトクロムの3種類があります。

保険適用ではなく、自費診療になってしまうのですが、自費にすることで、このように保険の入れ歯では使えなかった素材や技術を活用できるんですね。

金属床の入れ歯に興味のある方は、かかりつけの歯科医院で扱っているか聞いてみるといいですよ。

それでは、また。