プラスチックの一種であるレジンではなく、金属を使った金属床の入れ歯。

金属床の入れ歯のメリットは、薄くて丈夫なこと。そして温かさや冷たさを感じやすいので、食べ物の味覚を楽しめます。

だから、おいしく食事をしたい、という方に人気のようです。

さらに・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「金属床の入れ歯を選択するポイント」というテーマでお話します。

プラスチックの一種であるレジンではなく、金属を使った金属床の入れ歯。どんなメリットがあるのでしょうか?

金属床の入れ歯のメリットは、薄くて丈夫なこと。そして温かさや冷たさを感じやすいので、食べ物の味覚を楽しめます。

だから、おいしく食事をしたい、という方に人気のようです。

さらに、臭いが少なく衛生的に使え、装着時の感触も自然で違和感が少ないと言われます。

一方で自費診療のために価格が高くなるというデメリットもあります。また、金属のため、調整や修理に時間がかかることもあるようです。

ご興味のある方は、専門家に相談してみてくださいね。

それでは、また。