椅子に座ったときなど、正しい姿勢を維持できずに、前屈みになってしまう人は、口腔ケアや食事のときの誤嚥リスクが高くなります。

こんな人には、おススメな体操をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。前屈みの人には肩甲骨体操がよい。マルかバツか?

椅子に座ったときなど、正しい姿勢を維持できずに、前屈みになってしまう人は、口腔ケアや食事のときの誤嚥リスクが高くなります。

こんな人には、肩甲骨の体操がよいのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

肩甲骨体操のやり方を説明しましょう。

両手の指先をそれぞれの肩に当てます。肩の力を抜いてリラックスした状態で、ひじで円を描くように大きく回します。

腕を回すのではなく、肩甲骨を回すイメージで行うと効果がありますよ。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。