災害時でもお口を衛生的に保っておくことは、全身の健康にも直結するために、とても大切なことです。

歯みがきなどの口腔ケアはもちろん、入れ歯のお手入れにも最善を尽くしたいものです。

今回は、災害時の入れ歯のお手入れ方法をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「災害時の節水入れ歯お手入れ法」というテーマでお話しましょう。

災害時でもお口を衛生的に保っておくことは、全身の健康にも直結するために、とても大切なことです。

歯みがきなどの口腔ケアはもちろん、入れ歯のお手入れにも最善を尽くしたいものです。

入れ歯のお手入れには、少量の水の入ったコップと少量の水を入れた保管容器、そしてティッシュペーパーと義歯ブラシを用意します。義歯ブラシがない場合は、歯ブラシでも結構です。

まずは入れ歯を外してティッシュペーパーで入れ歯に付いた汚れを拭き取ります。

義歯ブラシを水に浸して入れ歯をブラッシングします。

ブラッシングが済んだら、少量の水が入ったコップで入れ歯をすすぎ洗いします。

次に義歯ブラシを少量の水が入ったコップですすぎ洗いしてから、ティッシュペーパーで水分を取り、乾燥させます。

入れ歯は少量の水が入った専用容器に浸して保管します。水の量が限られているときは、入れ歯全部が水に浸からなくても結構ですよ。

それでは、また。