食べこぼしが多いというケースでは、唇をしっかりと閉じられないことが原因ということがあります。

介助にはどのような方法があるのでしょうか?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。食べこぼしの多い人には口唇閉鎖を介助する。マルかバツか?

食べこぼしが多いというケースでは、唇をしっかりと閉じられないことが原因ということがあります。ということは、介助者はどのようにしてあげるのがよいのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

食べ物を取り込んだ口をしっかり閉じられないと、食べこぼしが多くなったり、スムーズに咀嚼できなかったりします。

食事介助中にそのような様子がよく見られる人には、指で口をしっかり閉じてあげるなどして口唇閉鎖の介助をしてあがるのがよいですよ。

片麻痺の人などは、健康な側はしっかり閉じて咀嚼もできるのに、マヒのある側を閉じられずにいることも多いです。そのような場合も口唇閉鎖介助が効果的ですよ。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。