要介護の手前の状態をフレイルと言いますが、さらにその手前の状態をオーラルフレイルと言います。

オーラルフレイルをわかりやすく言うと、「ささいな口の衰え」ということになります。

オーラルフレイルを放置しておくと・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「フレイルの前兆、オーラルフレイル」というテーマでお話しましょう。

要介護の手前の状態をフレイルと言いますが、さらにその手前の状態をオーラルフレイルと言います。

オーラルフレイルをわかりやすく言うと、「ささいな口の衰え」ということになります。

オーラルフレイルを放置しておくと、フレイルを引き起こしてしまいます。

オーラルフレイルには、明確な評価基準はありませんが、次の項目に1つでも当てはまることがあるなら、オーラルフレイルの可能性があります。

食べ物の量、種類を控えがちになった
食べにくくなり食事時間が長くなった
食事中にむせやすくなった
義歯は悪くないが噛むのが難しい
舌が回らず思い通りにしゃべれない
歯や口のせいで外出を控えがちになった

オーラルフレイルは口腔ケアや口腔リハビリ、そして食形態の見直しで改善できる可能性が高いです。

歯科医師、歯科衛生士に相談してみてください。

それでは、また。