舌クリーニングは、口臭予防のためにも1日に1回程度は行っていただきたいものです。

でも、舌の細胞はデリケートなので、ブラッシングの際に力を入れ過ぎてしまうと、傷をつけてしまう可能性があります。

では、どのぐらいの力がいいのでしょうか・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「舌クリーニングでの力加減の目安は?」というテーマでお話します。

舌クリーニングは、口臭予防のためにも1日に1回程度は行っていただきたいものです。

でも、舌の細胞はデリケートなので、ブラッシングの際に力を入れ過ぎてしまうと、傷をつけてしまう可能性があります。

まずは舌クリーナーの持ち方から説明しましょう。歯ブラシと同じようにペングリップで持つことで、力が入り過ぎることなく、細かく動かすことができますよ。

舌に当てるときの強さは、歯みがきのときのブラッシングの強さと一緒です。ピンとこない人は、キッチンにある計量器に舌クリーナーを当ててみましょう!

計量器のメモリが150グラムになるくらいが、ちょうどいい力の入れ方の目安ですよ。

それではまた。