いろいろな種類のある口腔リハビリのなかには、のどや気管を広げてしっかりと呼吸をする、呼吸訓練があります。

今回は、立ったり起き上がったりするのが難しい方でもできるうつぶせ寝での呼吸訓練をご紹介します。

こちらよりご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「うつぶせ寝で呼吸訓練!」というテーマでお話します。

いろいろな種類のある口腔リハビリのなかには、のどや気管を広げてしっかりと呼吸をする、呼吸訓練があります。

今回は、立ったり起き上がったりするのが難しい方でもできるうつぶせ寝での呼吸訓練を紹介しましょう。

まずは、うつぶせの姿勢になります。上体が軽く反るように、胸の下にまくらやクッションを置きます。

この姿勢で腹式呼吸を行います。うつぶせになっていることで、のどや気管が広がるため、普段よりも呼吸がスムーズにできますよ。

また、うつぶせの状態では、呼吸によって動く、胸とお腹の状態もしっかりと意識できます。

寝たきりがちな方や、猫背がちで呼吸が浅くなっている方にぜひ試していただきたい訓練です。

それでは、また。