奥歯の奥や孤立歯など、みがきにくい部分で大活躍するのがワンタフトブラシです。

ワンタフトブラシは、歯磨き粉などを使わなくても大丈夫ですが、

歯肉に炎症などがあるときには、ある歯磨きジェルを使うと歯肉の炎症を抑える効果も期待できます。

あるジェルとは?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「ワンタフトブラシにピッタリの歯磨き粉は?」というテーマでお話しましょう。

奥歯の奥や孤立歯など、みがきにくい部分で大活躍するのがワンタフトブラシです。

一般的な歯ブラシで全体を歯みがきしたあとに、ワンタフトブラシでみがきにくい部分をブラッシングすると効果的です。

ワンタフトブラシは歯磨き粉などを使わなくても汚れをしっかりと落とすことができますが、歯肉に炎症などがあるときには、歯みがきジェルを使ってブラッシングするという方法もあります。

例えば、コンクールジェルならワンタフトブラシの小さな毛先にもつけやすく、殺菌作用もあるために、歯肉の炎症を抑える効果も期待できます。

加えて、コンクールジェルには研磨剤も発泡剤も含まれていないので、歯のエナメル質を削ってしまったり、口のなかが泡だらけになってしまったりするのを心配する必要もありませね。

それでは、また。