口腔ケア介助で声かけが重要なように、食事介助でも声かけはぜひ行っていただきたいことです。

しっかりと覚醒していない状態で食事を始めてしまうと、誤嚥などを起こしやすくなってしまいます。

食事介助の前の声かけの方法をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「食事介助でも声かけが重要です!」というテーマでお話しましょう。

口腔ケア介助で声かけが重要なように、食事介助でも声かけはぜひ行っていただきたいことです。

しっかりと覚醒していない状態で食事を始めてしまうと、誤嚥などを起こしやすくなってしまいます。

食事介助の前には、声かけをすることで、ご利用者さんの覚醒を促しましょう。

また、人間は視覚や嗅覚、そして味覚で食べ物を味わっていますが、目が見えにくくなったご高齢の方などは、不意に食べ物を口のなかに入れられても、何を食べているのか理解できないことがあります。

だから、食べ物を口に運ぶ際にも、「みかんのゼリーを食べますよ」というように、何を食べてもらうのか、事前に伝えることも大切です。

このように、声かけをしながら食事介助を行うことで、ご利用者さんも安全に、そして食べ物を味わって食事することができますよ。

それでは、また。