食事介助のときに注意しなくてはいけないのが誤嚥です。

誤嚥を予防するための一口の量とは、どのぐらいなのでしょうか?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。一口の量は極力少なめにするのが理想。マルかバツか?

食事介助のときに注意しなくてはいけないのが誤嚥です。誤嚥を予防するためには、一口の量を極力少なめにするのが安心安全なのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはバツ!です。

誤嚥予防のために一口の量を極力少なめにしておけば安心安全かというと、実はそうでもありません。

一口の量が少なすぎると、嚥下反射が起こりにくくなってしまうのです。

だから、ちょっとだけしか口に入っていないはずなのに、いつまでもモグモグしていて嚥下しない、ということになってしまいがちです。

一口の適量というのは、人によってさまざまですがスプーン3分の2ほどが目安とされていますよ。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。