今回は、食事中に窒息してしまった場合の対処方法をご紹介します。

速やかに対応ができるように、ぜひ、ご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「窒息?!緊急対応はこの2ステップで!」というテーマでお話しましょう。

食事中に窒息してしまった場合は、すぐに緊急対応を行います。

同時にほかのスタッフが、救急搬送を依頼しましょう。

緊急対応では、まずはハイムリック法を試みます。

ご利用者さんの背後から、みぞおちのあたりに腕を回して、握りこぶしでみぞおちを圧迫しながら、素早く上方に引き上げます。

これで解消しない場合は、背部叩打法(はいぶこうだほう)を行います。

ご利用者さんの上体を前に倒して、両方の肩甲骨の間を強く叩いてください。

上体を起こしたままで背中を叩いてしまうと、誤飲した食べ物がさらに下がってしまいますから、絶対にやってはいけません。

ご利用者さんの生命にかかわることですから、遠慮せずに力強く行ってくださいね。

それでは、また。