ドライマウスの方には、唾液腺マッサージが非常に効果的です。

でも、認知症のご利用者さんなど拒否のある方の場合は、唾液腺のマッサージを嫌がるケースがあるかもしれません。

そんなときは?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「嫌がる人にも!簡易版唾液腺マッサージ」というテーマでお話しましょう。

ドライマウスの方には、唾液腺マッサージが非常に効果的です。

耳下腺、顎下腺、舌下腺という、とても大きな唾液腺がある部分をマッサージすることで、唾液の分泌が促進され、口腔内の乾燥が軽減するんです。

でも、認知症のご利用者さんなど拒否のある方の場合は、唾液腺マッサージを嫌がるケースがあるかもしれません。

顎の骨に沿って行う顎下腺やあごの真下を触られる舌下腺のマッサージなどは特に難しいかもしれませんね。

そんなときは、手や肩のマッサージからはじめて、ほほをマッサージするようにして耳下腺だけでも刺激しましょう。

これだけでも唾液の分泌を十分に促進させることができますよ。

それでは、また。