ペットボトルを使った口腔リハビリといえば、呼吸訓練のペットボトルブローイングがよく知られていますが、口唇閉鎖のトレーニングにも効果が期待できます。

簡単にできますので、ぜひお試しください。

方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。ペットボトルで口唇閉鎖のトレーニングができる。マルかバツか?

ペットボトルを使った口腔リハビリといえば、呼吸訓練のペットボトルブローイングがよく知られていますが、口唇閉鎖にも使えるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

500ミリリットルのペットボトルに100ミリリットルほどの水を入れて歯を使わずに唇だけで持ち上げましょう。

100ミリリットルでは持ち上がらないようなら、水の量を減らして調節してくださいね。

唇だけでペットボトルを持ち上げたら、その状態を10秒間キープします。10秒たったら、ペットボトルを下ろしましょう。

これを3回くり返します。口腔周囲筋が鍛えられて口唇閉鎖ができるようになりますよ。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。