食事がスムーズにできなくなると、真っ先に疑われるのが嚥下機能の問題ですが、忘れてはいけないのが咀嚼の問題です。

飲み込みは問題ないのに、唇をしっかり閉じられずにちゃんと咀嚼ができないという方には、バンゲード法という口腔リハビリを行います。

バンゲード法の方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「口輪筋の衰えで口を閉じられない人へのリハビリ法」というテーマでお話しましょう。

食事がスムーズにできなくなると、真っ先に疑われるのが嚥下機能の問題ですが、忘れてはいけないのが咀嚼の問題です。

飲み込みは問題ないのに、唇をしっかり閉じられずにちゃんと咀嚼ができないという方には、バンゲード法という口腔リハビリを行います。

まずは上下の唇を左、右に四等分して、それぞれを厚くつまんでマッサージします。

次に人差し指と唇の裏側に入れ、外側の親指とで挟んで、伸ばすようにマッサージを行います。

そして、人差し指を上唇に当て顎の方向に押し下げ、逆に下唇に当てて鼻の方向に持ち上げます。

最後に、人差し指を上唇に当てて鼻の方向に持ち上げ、逆に下唇に当てて顎の方向に押し下げるようにします。

それでは、また。