タバコが健康に悪影響を与えるというのは、周知の事実だと思います。もちろん、お口や歯の健康にもよくありません。

国立がんセンターの研究によると、タバコを吸うことで口腔ガン、咽頭ガンの罹患リスクが男性では約2.4倍、女性では約2.5倍になるとされています。

さらに・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「タバコと歯周病の関係」というテーマでお話しましょう。.

タバコが健康に悪影響を与えるというのは、周知の事実だと思います。もちろん、お口や歯の健康にもよくありません。

国立がんセンターの研究によると、タバコを吸うことで口腔ガン、咽頭ガンの罹患リスクが男性では約2.4倍、女性では約2.5倍になるとされています。

さらに、厚生労働省は、タバコは糖尿病と並ぶ歯周病の二大危険因子であると警鐘を鳴らしているんです。

喫煙によって免疫機能が低下してしまうので、歯周病への抵抗力が下がります。そのために、歯周病治療の効果も現れにくくなります。

加えて、タバコに含まれるニコチンの影響で血管が収縮するため、歯周病にかかっても出血しにくくなります。そのために、歯周病が重度になっても気づかずにいることもよくあります。

タバコを吸っていることで歯周病になりやすく、さらに重症化しても気づきにくくなってしまうのです。

喫煙されている方は、お口や歯の健康のためにも、ぜひ禁煙にチャレンジしてみてください。

それでは、また。