歯と歯の間の汚れを取るデンタルフロス。

そのクリーニング法には、大きくわけて2つのスタイルがあるんです。

指巻き法とサークル法です。

今回は、その2つの方法をご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「デンタルフロス、2つのスタイル」というテーマでお話します。

歯と歯の間の汚れを取るデンタルフロス。そのクリーニング法には、大きくわけて2つのスタイルがあるんです。

まずは、よく知られている指巻き法です。40から50センチほどのフロスを切り出し、
両端を左右の中指に巻きつけてクリーニングする方法です。

一方の指に長めに巻いておき、もう一方の指で汚れたフロスを巻き取るようにしてクリーニングしていくのがコツです。

もう1つがサークル法です。フロスの両端を結んで、直径10センチ程度の輪を作ります。

中指、薬指、小指でフロスを保持して、汚れた部分の輪をずらすようにしてクリーニングしていきます。

どちらの方法も、親指と人差し指でフロスをコントロールしながら歯間の汚れを除去していきます。

スムーズにできる方法を採用してみてください。

それではまた。