歯の浮くようなセリフ、などという言い方がありますが、実際に歯が浮くように感じることってありますか?

そんなときは、実は歯ぐきの危険信号ですから、注意してください。

なぜなら・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「歯が浮くように感じるのは危険信号?」というテーマでお話しましょう。

歯の浮くようなセリフ、などという言い方がありますが、実際に歯が浮くように感じることってありますか?

そんなときは、実は歯ぐきの危険信号ですから、注意してください。

歯と骨の間にある歯根膜という部分がダメージを受けると、歯が浮き上がったように感じます。

原因は歯ぎしりや食いしばりです。歯や歯ぐきに強い圧力がかかると、歯根膜がダメージを受けるのです。

また、歯周病や疲労などのストレスによる全身の不調でも、歯根膜がダメージを受けることはあります。

歯が浮くように感じる、というときはリラックスして体を休めましょう。症状が続く場合は、歯科医院を受診してくださいね。

それでは、また。