妊娠中は食生活やホルモンバランスの変化によって、口の健康にも変化が起こりがちです。

歯みがきの仕方も普段とは変えた方がよいのでしょうか?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。妊娠中の歯みがきはやわらかめのブラシを使う。マルかバツか?

妊娠中は食生活やホルモンバランスの変化によって、口の健康にも変化が起こりがちです。歯みがきの仕方も普段とは変えた方がよいのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

特に妊娠後期に入った方にはやわらかめの歯ブラシをオススメします。この時期は、歯ぐきの炎症が起こりやすくなるからです。

妊娠後期は食事の量が減る一方で食べる回数が増えがちです。何回も歯磨きをするのは大変ですが、食後の歯磨きは欠かさないようにしましょう。

また、「ぜんぜん軽症だから」と放置していた歯周病や知覚過敏などは、妊娠を境に症状が進行することがよくあります。妊娠したときは、早めに歯科医院で検診を受けることをオススメします。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。