重症のドライマウスまたは、口腔ケアが不十分な方の口腔内には、乾燥してこびりついてしまっている汚れがびっしり、ということがあるかもしれません。

口腔内の乾燥した汚れは、保湿剤でふやかしてから取り除くわけですが、指で塗布するだけでは足りないケースもあります。

そんなときは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「乾燥しきった汚れには保湿剤&スポンジブラシで!」というテーマでお話しましょう。

重症のドライマウスまたは、口腔ケアが不十分な方の口腔内には、乾燥してこびりついてしまっている汚れがびっしり、ということがあるかもしれません。

口腔内の乾燥した汚れは、保湿剤でふやかしてから取り除くわけですが、指で塗布するだけでは足りないケースもあります。

そんなときは、スポンジブラシに保湿剤をたっぷりと含ませて、スポンジブラシで保湿剤を塗布しましょう。

これを何度もくり返すことで、乾燥した汚れが徐々にふやけてきます。

そうしたら、スポンジブラシやワンタフトブラシ、さらには口腔ケアウエットティッシュでしっかり取り除きましょう。

乾燥したままの汚れを無理に引き剥がそうとすると、粘膜を傷つけてしまうこともあります。それは禁物ですよ。

それでは、また。