感染症の人の口腔ケアを行うときも、グローブとマスクを着用し、ケア後の手洗いを徹底していれば、過度に恐れる必要はありません。

ただし、ケア時に指を噛まれてそこから感染することのないように、グローブはラテックスのものにしておくと安心です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。感染症の人の口腔ケアではラテックスグローブがよい。マルかバツか?

感染症の人の口腔ケアでは、万が一のアクシデントに備えることも大切です。ラテックスグローブなら、そんなアクシデントにも対応できるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

感染症の人の口腔ケアを行うときも、グローブとマスクを着用し、ケア後の手洗いを徹底していれば、過度に恐れる必要はありません。

ただし、ケア時に指を噛まれてそこから感染することのないように、グローブはラテックスのものにしておくと安心です。

また、ケアに用いた器具はほかのご利用者さんと一緒になることのないように、しっかり管理し、破棄するもの、洗浄するもの、滅菌するものと明確にわけておくことが重要ですよ。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。