歯と歯の間の汚れを取る歯間ブラシ。

歯と歯の間に差し込んで、前後に動かして汚れを取るというイメージですが、それだけでは汚れを除去しきれません。

正しい使い方は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「歯間ブラシの正しい動かし方」というテーマでお話します。

歯と歯の間の汚れを取る歯間ブラシ。

歯と歯の間に差し込んで、前後に動かして汚れを取るというイメージですが、それだけでは汚れを除去しきれません。正しい使い方を説明しましょう。

歯間ブラシを通すときは、歯と歯と、そして歯肉の間の三角形の隙間に水平に入れるのがポイントです。

歯と歯の間に通したら、歯間ブラシを前後に動かします。これは皆さんやっていると思います。

前後に動かしたあとは、歯間ブラシを左右に角度をつけて動かしましょう。こうすると、歯と歯の間の汚れがキレイに取れますよ。

ときどき、歯の裏側からも歯間ブラシを通そうとする人もいますが、よっぽど大きな隙間がない限り、裏側からは通りませんから気をつけてくださいね。

それでは、また。