脳卒中の後遺症などがあるご利用者さんのなかには、痛みなどを過剰に感じる傾向のある方がいらっしゃいます。

これは脳卒中の後遺症の1つである「過敏」によるものですが、そのような方には、いきなり歯ブラシを当ててしまうと痛がられてしまいます。

まずは・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「ブラッシングを痛がる人へのガムラビング法」というテーマでお話します。

脳卒中の後遺症などがあるご利用者さんのなかには、痛みなどを過剰に感じる傾向のある方がいらっしゃいます。

これは脳卒中の後遺症の1つである「過敏」によるものですが、
そのような方には、いきなり歯ブラシを当ててしまうと痛がられてしまいます。

まずは歯ブラシを持たずに、指で触れることから始めましょう。そのようなときに用いるのが、ガムラビングです。

人差し指の腹の部分を歯と歯肉の境目に置いて、前歯から奥歯に向かって適度な強さで押し込みながらこすっていきます。

このときに、指を素早く、リズミカルに動かすのがポイントですよ。

さらに、ほほの内側、口唇もマッサージしましょう。

指での刺激に慣れたらスポンジブラシで同じくマッサージします。
そしてそれにも慣れたら歯ブラシへと、徐々に移行していきます。

それではまた。