通常の食事を行なっていて、時々飲食物を誤嚥してしまうというタイプの誤嚥を「機会誤嚥」と言います。

水分で頻繁に誤嚥してしまうことを「水分誤嚥」といいます。

この2つの誤嚥の特徴は?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「機会誤嚥・水分誤嚥への対応法は?」というテーマでお話します。

通常の食事を行なっていて、時々飲食物を誤嚥してしまうというタイプの誤嚥を「機会誤嚥」と言います。

誤嚥が時々しか認められず、飲食物の物性も一定しないことが多いのが特徴です。

そして、水分で頻繁に誤嚥してしまう「水分誤嚥」は、誤嚥する物性が水分であることが特徴です。

これらのタイプは、固形物を頻繁に誤嚥するわけではないために、経口摂食が十分に可能です。

まずは、食事の際の姿勢を工夫して誤嚥防止を試しましょう。そして、飲食物にとろみをつけるなどして、物性の調整を行います。

食事のとき以外にも、飲食物を用いない口腔リハビリ、いわゆる間接的嚥下訓練も行なってくださいね。

それではまた。