今日はバレンタインデーですね。チョコレートをあげる方、チョコレートを受け取る方、たくさんいらっしゃると思います。

でも、歯科医師や歯科衛生士に見られると気まずいな なんて思っていませんか?

チョコレートというとむし歯になるというイメージが強くて、そんな感覚になるのかもしれません。

でも、そのイメージ、正しくないんです!

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「歯科衛生士が勧めるチョコレート?」というテーマでお話します。

今日はバレンタインデーですね。チョコレートをあげる方、チョコレートを受け取る方、たくさんいらっしゃると思います。

でも、歯科医師や歯科衛生士に見られると気まずいな なんて思っていませんか?
チョコレートというとむし歯になるというイメージが強くて、そんな感覚になるのかもしれません。

でも、そのイメージ、正しくないんです!チョコレートでむし歯になることはありません。

チョコレートの成分であるカカオに含まれるポリフェノールには、むし歯菌や歯周病菌への抗菌作用や殺菌作用があるんです。

だから、チョコレートを選ぶときは、カカオが多く含まれているビターチョコがオススメです。

砂糖の代わりにキシリトールを甘味料として使っているようなら、さらに理想的です。
キシリトールにはむし歯菌を分解する働きだけでなく、歯を溶かす酸を作ることもありません。

ただし、どんなに歯によい食べ物であっても、食後に歯をみがかないでいるとむし歯になってしまいます。
食べたあとは歯みがきを忘れずに!

それではまた。