歯科医師や歯科衛生士が、ご自宅や施設にうかがって治療を行うのが訪問歯科診療です。

訪問歯科診療で歯科治療が終了したあとも、歯科衛生士による専門的な口腔ケアをご提案させていただくことがあります。

では、歯科衛生士による専門的な口腔ケアとは?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「専門家による定期的な口腔ケアが必要な人って?」というテーマでお話します。

歯科医師や歯科衛生士が、ご自宅や施設にうかがって治療を行うのが訪問歯科診療です。

訪問歯科診療で歯科治療が終了したあとも、歯科衛生士による専門的な口腔ケアをご提案させていただくことがあります。

歯科衛生士による専門的な口腔ケアが必要と思われる人は、次のような方です。

歯周病や虫歯のリスクが高い人、口腔ケアが自立していない人、歯がなくてケアが行き届いていない人、ムセがある、口腔周囲筋が円滑に動かない人。

さらに、入れ歯を調整したあとに維持管理が必要な人、誤嚥性肺炎を繰り返している人も、当てはまります。

訪問歯科診療の対象になった方の多くは、当てはまるのではないでしょうか。

歯科衛生士による専門的な口腔ケアを定期的に受けることで、お口の状態だけでなく全身の状態も良好に保つことができると思いますよ。