1日3回の食事を楽しみにしている高齢の方は多いと思います。

その一方で、万が一の事故がおきやすいのも食事の時間です。

今回は、安全な食品選び4つのポイントをご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「安全な食品選び4つのポイント!」というテーマでお話しましょう。
1日3回の食事を楽しみにしている高齢の方は多いと思います。楽しくおいしく食べるということはエネルギー補給だけでなく、生活の質も上げてくれますよね。

その一方で、万が一の事故がおきやすいのも食事の時間。だから、高齢者の好きな食べ物だけでなく、高齢者にやさしい、安全な食べ物のポイントも把握しておきましょう。

ポイント1が、つぶれやすい食品です。噛む力が弱くなった人でも、舌と上あごではさめばつぶれるくらいの食品です。

ポイント2が、のどごしがよく、ゆっくりと流れていく食品です。飲み込む力が弱くなった人でもスムーズに飲めることはもちろん、誤嚥しないようにゆっくりと流れるものです。

ポイント3が水分と固形物が分離しにくい食品です。たとえば、味噌汁のように水分と固形物が分離してしまうものは、実は高齢者には難しい食品なんです。

そしてポイント4が、小さな粒のない食品です。粒が小さ過ぎると、口のなかで咀嚼するのが難しく、なかなか飲み込めないんです。

ご利用者さんへの食事を考える際には、参考にしてみてください。