スプーンは、箸に比べると扱いやすいため、食事介助でのスプーン操作も何気なくやってしまいがちです。

でも、ご利用者さんに安全に嚥下してもらうためには、スプーンと唇の関係が重要になるんです。

今回は食事介助でのスプーンテクニックをご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食事介助でのスプーンテクニック」というテーマでお話します。

スプーンは、箸に比べると扱いやすいため、食事介助でのスプーン操作も何気なくやってしまいがちです。

でも、ご利用者さんに安全に嚥下してもらうためには、スプーンと唇の関係が重要になるんです。

食事介助でのスプーンテクニックを説明しましょう。

食事介助で食べ物を口のなかに運ぶときは、食べ物が乗っているスプーンを相手の下唇に触れさせます。

これで相手は食べ物が口のなかに入ってきたことを理解するのです。

そして、上唇で食べ物を取り込んでもらいます。これは食べる時の自然な動きです。

上唇で食べ物を取り込むのを確認したら、ゆっくりと水平にスプーンを抜きます。これで一口が完了です。

それではまた。