ご利用者さんへの介助みがきでは、ヘッドが小さくてやわらかめの歯ブラシがオススメです。

では、ご自身で使う歯ブラシはどのようなものがよいのでしょうか?

そんなときは、次の2つのポイントに注目して歯ブラシを選んでみるといいですよ。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「試してみよう!歯ブラシ選びのポイント2つ!」というテーマでお話します。

ご利用者さんへの介助みがきでは、ヘッドが小さくてやわらかめの歯ブラシがオススメです。

では、ご自身で使う歯ブラシはどのようなものがよいのでしょうか?

そんなときは、次の2つのポイントに注目して歯ブラシを選んでみるといいですよ。

まずは、ブラシ部分の大きさです。自分の親指と同じくらいの幅のものを選びましょう。

次に毛の硬さや太さです。自分の歯ぐきに当てて痛くないものを選びます。

最近は毛先が細くなっている極細毛などもありますが、その毛先が歯ぐきに当たってチクチク感じる場合は、ほかのものを選ぶようにします。

もちろん、売り場で買う前に試すことはできませんから、気になる歯ブラシをいくつか買ってみて、試してみてくださいね。

それではまた。