開口が困難な方の口腔ケアでは、まずはご利用者さんを開口させることからケアがスタートします。

脱感作などで、リラックスしてもらうことで、徐々に開口を促すというのが一般的な方法です。

しかし、このような方法で開口してくれない場合は・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。

今回は「こんな方法もあります 下顎押し下げ開口術」というテーマでお話します。

開口が困難な方の口腔ケアでは、まずはご利用者さんを開口させることからケアがスタートします。

脱感作などで、リラックスしてもらうことで、徐々に開口を促すというのが一般的な方法です。

しかし、なかにはこうした方法では開口してくれない方もいらっしゃるかもしれません。

稀にしか生じないケースであるなら、そのときには無理にケアを行おうとせずに、お休みすることがあってもよいのですが、
それが数日続くようだと口腔衛生的にも問題が大きくなります。

こうしたときは、少々強引な方法になってしまいますが、親指と人差し指を下顎の口角付近の歯肉に当てて、下方向に押し下げるようにして開口を促します。

ご利用者さんに負担がかかってしまうときもあるので、この体勢でのケアは素早く済ませるように心がけましょう。

それではまた。