歯みがきをしているときなど、「あれ、歯が伸びた?」と思うこと、ありませんか?

もちろん、実際にそんなことはあり得ませんが・・・

じつは、歯が伸びたように見えるのには、こんな理由があります。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「根面カリエスってなに?」というテーマでお話しましょう。

ご利用者さんの口腔ケア介助をしているときなど、「あれ、歯が伸びた?」と思うこと、ありませんか?

もちろん、実際にそんなことはあり得ません。歯ぐきがやせて後退してまったために、歯が伸びたように見えるのです。

そして、歯茎が下がったことで現れた歯は、硬いエナメル質の部分ではなく、その内側にある象牙質の部分なんです。

エナメル質に比べて象牙質はむし歯菌にも弱いため、このような状態の歯はカリエス、いわゆるむし歯になりやすいんです。

この象牙質の部分がむし歯になってしまうことを根面カリエスといいます。高齢者のむし歯としては、多く見られるタイプのものです。

口腔ケア介助のときには、注意して観察してみてください。

それでは、また。