歯みがきをするときに、ちょっと苦戦するのが奥歯の裏側だと思います。

歯ブラシが届きにくいし、鏡で確認することも難しいので、難易度が高いですよね。

そんなときは?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「奥歯の裏側はちょっと角度をつけてブラッシング」というテーマでお話します。

歯みがきをするときに、ちょっと苦戦するのが奥歯の裏側だと思います。

歯ブラシが届きにくいし、鏡で確認することも難しいので、難易度が高いですよね。

奥歯の裏側は、前歯に比べて、歯と歯と歯肉の間の三角形の部分が大きく、溝も深くなっていることが多いです。

奥歯の裏側をみがくときは、ここの汚れを上手に取ることがポイントになります。

ブラッシングのときには、歯ブラシを角度をつけて当てることがコツです。
こうすることで、歯ブラシの角の部分を上手に使えるようになります。

こうすれば、三角形の部分も、奥歯の根元の部分も、うまくみがくことができますよ。

それではまた。