片マヒの人の口腔内観察では、いくつか注意して見ていただきたい点があります。

まずは舌の動きです。片マヒの人のなかには、舌にマヒが現れている方もいらっしゃいます。

このよう場合は?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「片マヒの人の口腔内観察での注意点」というテーマでお話します。

片マヒの人の口腔内観察では、いくつか注意して見ていただきたい点があります。

まずは舌の動きです。片マヒの人のなかには、舌にマヒが現れている方もいらっしゃいます。

舌のマヒは、口の外に出したときと、口腔内にあるときとでは舌の傾きが逆になるので、
そのことをしっかりとチェックしてください。

さらに、マヒのある側のほほの粘膜も注意深く観察します。

片マヒの人の場合は、マヒ側のほほの粘膜を噛んでしまい、傷がついていることがよくあるからです。

このような点を確認してから、口腔清掃を始めましょう。

それではまた。