ご利用者さんの入れ歯の汚れが気になるときには、具体的にどの部分が汚れているかを確認してください。

粘膜と接している部分の汚れがひどいときは、もしかしたら入れ歯の調整が必要になるかもしれません。

入れ歯の調整は歯科医院だけではなく、訪問歯科診療でも行うことができます。

訪問歯科診療での調整は、このように行います。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「粘膜と接している部分の入れ歯の汚れがひどいときは?」というテーマでお話しましょう。

ご利用者さんの入れ歯の汚れが気になるときには、具体的にどの部分が汚れているかを確認してください。

粘膜と接している部分の汚れがひどいときは、もしかしたら入れ歯の調整が必要になるかもしれません。

入れ歯と口の間にすき間ができているために、そこに汚れが溜まっているからです。

入れ歯の調整は歯科医院だけではなく、訪問歯科診療でも行うことができます。

この場合は、入れ歯の裏打ち調整というものを行います。

訪問歯科診療でもその日のうちにできてしまいますよ。入れ歯の汚れが気になるときには、一度相談してみてください。

それでは、また。