口腔内乾燥がひどく、乾燥した汚れがついているご利用者さん、いらっしゃると思います。

こうした方の口腔ケアでは、ケアの前に保湿剤で汚れを軟化させる必要があります。

保湿剤といえば、保湿効果が高く持続時間も長いジェルタイプを重宝している方が多いと思いますが、スプレータイプも上手に活用しましょう。

活用方法は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「口腔ケア前の保湿剤、上手に使い分ける」というテーマでお話します。

口腔内乾燥がひどく、乾燥した汚れがついているご利用者さん、いらっしゃると思います。

こうした方の口腔ケアでは、ケアの前に保湿剤で汚れを軟化させる必要があります。

保湿剤といえば、保湿効果が高く持続時間も長いジェルタイプを重宝している方が多いと思いますが、スプレータイプも上手に活用しましょう。

乾燥した汚れがひどいときには、ジェルタイプの保湿剤を塗布して汚れがふやけるのを待つのがいいですが、汚れがそこまでひどくない場合は、スプレータイプの方が便利です。

スプレータイプなら、即効性もあるので汚れがすぐにふやけますし、粘膜清掃にもすぐに取りかかれます。

汚れの質に合わせて保湿剤も上手に使い分けてみてください。

それではまた。