食事中や食後にタンがからんだような声になることを湿性嗄声といいます。

このような方へのリハビリ法としては、咳払い訓練がよく知られています。

また、咽頭残留物を防止することで湿性嗄声を予防することもできます。

リハビリ方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「咽頭残留&湿性嗄声のある人へのリハビリ法」というテーマでお話しましょう。

食事中や食後にタンがからんだような声になることを湿性嗄声といいます。

このような方へのリハビリ法としては、咳払い訓練がよく知られています。

また、咽頭残留物を防止することで湿性嗄声を予防することもできます。

咽頭残留物は、咽頭収縮力の低下が原因となることが多いので、マサコ・マヌーバー法で舌根部の筋力を強化するリハビリを行います。

やり方は簡単です。舌を前方に突き出して舌を軽く噛みます。

そのままの状態で空嚥下をします。これだけです。

しっかりと飲み込めるようになれば、咽頭残留物も減少するはずです。

それではまた。