咀嚼までは問題なくできるけど、食塊形成がうまくできない、というケースもあります。

原因はいくつか考えられますが、舌筋を訓練すると舌の動きが改善して食塊形成がうまくできるようになることもあります。

今回は、スプーンを使った口腔リハビリ方法をご紹介します。

こちらをご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「舌の衰えで食塊形成ができない人へのリハビリ法」というテーマでお話しましょう。

咀嚼までは問題なくできるけど、食塊形成がうまくできない、というケースもあります。

原因はいくつか考えられますが、舌筋を訓練すると舌の動きが改善して食塊形成がうまくできるようになることもあります。

よく知られているのが、スプーンを使った口腔リハビリです。

舌を突き出して、舌の先にスプーンの背を当てます。こうして、スプーンと舌を押し合います。では、5回やってみましょう。

次は、突き出した舌の上にスプーンの背を当てて、舌を押し下げようとします。逆に、舌はスプーンを持ち上げるように力を入れます。これも5回行います。

一人で行う場合は、舌打ちがオススメです。舌の筋トレになるんですよ。

周りに唾液が飛んでしまうこともあるので、口の前に手を添えながら行いましょう。

それでは、また。