咀嚼はできる。食塊形成も問題ない。しかし、嚥下反射がなかなか起こらないというケースもあります。

特に舌の動きに問題があるわけでもないのに、嚥下反射自体が起こりにくいという方には、喉のアイスマッサージを行います。

方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「嚥下反射が起こりにくい人へのリハビリ法」というテーマでお話しましょう。

咀嚼はできる。食塊形成も問題ない。しかし、嚥下反射がなかなか起こらないというケースもあります。

特に舌の動きに問題があるわけでもないのに、嚥下反射自体が起こりにくいという方には、のどのアイスマッサージを行います。

筋肉のアイスマッサージを行うときは、アイスクリッカーという器具を用います。このなかに氷と食塩を3対1位の割合で入れます。これを何回か振って冷たくしてから使うんです。

常に冷たいところが当たるようアイスクリッカーを転がしながら動かします。

首筋に沿って上下に動かしてマッサージします。

アイスクリッカーが用意できないときは、飲み口の広いキャップ付きの缶コーヒーの空き缶に、氷と食塩を入れて代用してください。

それでは、また。