口腔内の乾燥がひどい方の口腔ケアでは、まずは保湿剤で口腔内を潤す必要があります。

軽度の乾燥であれば、スプレータイプの保湿剤で十分ですが、乾燥がひどいときは、それでは足りません。

かといって保湿効果の高いジェルタイプではなじむまでの時間がかかります。

そんなときは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「ひどい乾燥には二段階保湿で!」というテーマでお話しましょう。

口腔内の乾燥がひどい方の口腔ケアでは、まずは保湿剤で口腔内を潤す必要があります。

軽度の乾燥であれば、スプレータイプの保湿剤で十分ですが、乾燥がひどいときは、それでは足りません。

かといって保湿効果の高いジェルタイプではなじむまでの時間がかかります。

口腔乾燥のひどい方の口腔ケアでは、まずはスプレー式の保湿剤を使い、そのあとにジェルタイプの保湿剤を塗布しましょう。

こうすれば、乾燥のひどい口腔内もしっかりと潤すことができます。

それでは、また。