口腔ケアでの視野確保の基本は、口角ではなくほほの内側に指をかけることです。

でも、口腔ケアに慣れていないご利用者さんなどは、ほほの内側にまで指を入れられるのを嫌がる場合があります。

かといって口角に指をかけてしまっては、ご利用者さんに痛い思いをさせてしまいます。

そんなときは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「開口補助器を上手に活用する」というテーマでお話しましょう。

口腔ケアでの視野確保の基本は、口角ではなくほほの内側に指をかけることです。

でも、口腔ケアに慣れていないご利用者さんなどは、ほほの内側にまで指を入れられるのを嫌がる場合があります。

かといって口角に指をかけてしまっては、ご利用者さんに痛い思いをさせてしまいます。

そんなときには、このオーラルワイダーチビが便利です。

この部分に人差し指をかけてご利用者さんの口角をここにかけて動かします。口の奥に指を入れられるのを嫌がるご利用者さんでも、これを使えば視野の確保ができます。

口角に当たる部分は、ゆるやかにカーブしているので、痛くありませんよ。

それでは、また。