口臭には、一時的で心配のいらないものから、病気に関連する心配なものまで、さまざまな種類があります。

心配なのは、他人が顔をしかめるほどの口臭で、これを病的口臭と言います。

この病的口臭の原因とは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「大丈夫な口臭、心配な口臭」というテーマでお話しましょう。

口臭には、一時的で心配のいらないものから、病気に関連する心配なものまで、さまざまな種類があります。

朝起きたときや緊張したときに生じる口臭は、生理的口臭といって、誰にでも起こる口臭です。一時的な心配のいらない口臭です。

周囲の人は気づかないのに、本人だけが口臭を感じているというものを心因的口臭といいます。どうしても気になるときは、歯科医師に口臭の検査をしてもらうといいですよ。

心配なのは、他人が顔をしかめるほどの口臭で、これを病的口臭と言います。

むし歯や歯周病、唾液分泌量の低下、さらに胃潰瘍、慢性気管支炎、糖尿病といった病気が原因で発生する口臭です。このタイプの口臭は、なんらかのケアや治療が必要ですよ。

それでは、また。