筋力が弱っていることの多い高齢の方は、イスに座ったときの姿勢が安定しないということもあります。

このような方の口腔ケアは、正面から行うと誤嚥などのアクシデントが発生しかねません。

なぜなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「座位が安定しない人の口腔ケアのコツ」というテーマでお話します。

筋力が弱っていることの多い高齢の方は、イスに座ったときの姿勢が安定しないということもあります。

このような方の口腔ケアは、正面から行うと誤嚥などのアクシデントが発生しかねません。このようなときは、ご利用者さんの背後に立って姿勢を保持してあげながらケアを行います。

まずは、歯ブラシを持っていない方の腕でご利用者さんの頭全体をしっかりと支えます。

このときに、上あごが上を向かないように姿勢をキープするのがポイントです。上を向いてしまうと、ケア中に誤嚥してしまう危険がありますからね。

また、立ち位置をこまめに変えながらケアを行うことも大切です。

前歯や下の歯をみがくときはご利用者さんの真後ろに立って、自分のお腹あたりでご利用者さんの頭を支えるようにしてブラッシングしましょう。

それでは、また。