口腔清掃をしたあとの口腔内はとても乾燥しています。

特にスポンジブラシを使ったあとは、口腔内の水分がほとんとなくなっていますから、キレイだけどカラッカラに乾燥しているんです。

ですから、口腔ケアの最後の仕上げは保湿剤で口腔内を潤してあげることです。

保湿の方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「保湿剤は指先だけでなく指全体で塗布する!」というテーマでお話しましょう。

口腔清掃をしたあとの口腔内はとても乾燥しています。
特にスポンジブラシを使ったあとは、口腔内の水分がほとんとなくなっていますから、キレイだけどカラッカラに乾燥しているんです。

ですから、口腔ケアの最後の仕上げは保湿剤で口腔内を潤してあげることです。

保湿剤を塗布するときは、適量を手の甲に出して少しずつ指で塗布していきます。

このときの指の形がポイントになります。指先を曲げずに伸ばした状態で塗布することで、保湿剤がまんべんなく口腔内に広がっていきます。

指先だけでなく、指全体を使って保湿剤を塗布する感覚で行いましょう。

また、ドライマウスなどで口腔内の汚れが乾燥している人の場合は、ケアの前に保湿剤を塗布し、汚れをふやかしてからケアをスタートしてください。

それでは、また。