口腔ケア後のケア用品の洗浄・管理は感染予防の面からも非常に重要なことです。

丁寧に洗浄したあとに、どのようにして乾燥させ、清潔に管理しておくかがポイントです。

今回は、歯ブラシ立ての作り方をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「手軽で清潔!100均製歯ブラシ立てで歯ブラシ管理」というテーマでお話しましょう。

口腔ケア後のケア用品の洗浄・管理は感染予防の面からも非常に重要なことです。

特に複数のご利用者さんの歯ブラシの管理には、苦労されているのではないでしょうか。丁寧に洗浄したあとに、どのようにして乾燥させ、清潔に管理しておくかがポイントです。

100円ショップで手に入るものを活用して、自家製の歯ブラシ立てを作ってしまう、というのもいい方法です。

100円ショップで買うのは、カゴとスポンジです。

カゴにスポンジを敷き詰めます。これだけで完成!この隙間に歯ブラシを立てていきます。歯間ブラシも立てられますよ!

これならたくさん歯ブラシがあっても歯ブラシ同士が触れることもないので衛生的です。さらに、カゴになっているので持ち運びも簡単なんですよ。

それでは、また。