進行すると、歯を失ってしまうこともある歯周病ですが、その影響は口のなかだけにとどまりません。

今回は、歯周病と全身疾患の関係についてご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「歯周病と全身疾患の関係は?」というテーマでお話しましょう。

進行すると、歯を失ってしまうこともある歯周病ですが、その影響は口のなかだけにとどまりません。

歯周病を引き起こす歯周病菌は、嫌気性の細菌であるため、歯肉に炎症を起こすだけでなく、歯肉の奥に逃げ込み、血液中に入ってしまうこともあります。

歯周病菌が血流に乗って全身をめぐることで、心臓の動脈で動脈硬化を起こすと心筋梗塞などのリスクが15~24%ほど高まると指摘されています。

また、歯周病は、糖尿病の合併症のひとつに数えられており、歯周病があると血糖コントロールが悪くなることもわかっています。

もちろん、歯周病菌などの雑菌を多く含む唾液が気管に入ってしまうことで、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクも生じてしまいます。

国民病と言われることもある歯周病ですが、口腔ケアを怠るなどして放置してしまうと、このようなことも引き起こしかねないのです。

それでは、また。